●劇団プロフィール

 1975年12月、尾形公が大阪芸大舞台芸術学科在学中に旗揚げ。学生だけの劇団でありながら、テアトロプロ新劇年鑑に登録される等、関西小劇場派の劇団として活動。

 

 1984年に福岡県行橋市に拠点を移し、現在に至る。劇団公演はもちろん、神社などの野外劇、小・中・高の学校観劇会を行う。現在では行橋の文化と言われる程になった、健常者と障害者が共に舞台を作り上げる「ゆめコンサート」などに参加し、幅広く活動している。

 

 また、紙芝居の出張公演も好評で、各地で上演。団員の中村将秀を取り上げた、ドキュメンタリー映画『出張紙芝居 〜笑顔を君に〜(橘剛史監督作品)』は、日本財団ドキュメンタリー動画祭にてグランプリを授賞。さらに、2012年より「団地野外劇」として、住民参加型による野外劇を作り、人と人のつながりを大事に地域に根ざした作品もつくり続けている。

●アクセス

〒824-0026 福岡県行橋市道場寺1420-2

  (JR日豊本線「新田原駅」より徒歩10分・新行橋病院向かい側)

© 2018 劇団風雷望

  • Twitter App Icon
  • Facebook App Icon